ばあちゃんと仲直りしました

前回書いた通り、ばあちゃんと喧嘩しました。

ばあちゃんの心配する気持ちについカッとなってしまいましたが、その後、自分なりに落ち着いて整理しました。

そして、ばあちゃんの心配が止まらないことは理解しつつ、自分にとって大切なことのために今行動することを決めた、ということをきちんと説明しました。

一度きりの人生を思い切り生きたい。幸せに生きたい。

世界と繋がりたい、そしてそこから生まれる新しいアイデアやビジネスに取り組みたい。

その根本にあるのは、自分、家族、友達、周りの人みんなが幸せであること。

それは大それたことではなく、素朴なこと。

みんながやりたいことを思い切りやって、過ごしたい人と過ごせる。そういう空間や繋がりを創造したい。

もちろん人生には困難もうまくいかないことも沢山ある。むしろその方が多い気もする笑

でも、それも自分がやりたいことのための困難であって欲しい。

そして、私は一生働きたい。

お金が心配というわけではなく、(勿論それもゼロではない)働くことがとても楽しいし自分が元気になれるから。

一生働くなら自分がやりたいことで働きたい。

そのための基盤づくりは、今しかできない。

今後数年苦労するかもしれない。

でも、これから先何十年も自分の道を進むための数年、て考えたら?

ほらね、そんなに怖くない。

そんな話しを2人でした。

ばあちゃんが働いていた時の時の話しと一緒に2人で口々に言葉を交わした。

そしたら、2人とも仕事に対する真剣な気持ちは時代が違くても同じだと分かった。

何よりも大切なのは信頼関係だということも共通していた。

そしたら、自分ばあちゃんの中で何かすっと落ちるものがあったみたい。

私の真剣さとか、支えてくれる人達がちゃんといることとか、今まで培って来たものがあることを理解してもらえた。

多分全部は伝わっていない。

ここからは、行動で示して行きたい。

ばあちゃんが今困っていることを一緒に解決して、本来やりたいことやあるべき姿が一つでも実現したら?

それが私のやりたいことだよと胸を張って言える。

私の仕事や生き方を少しずつ体感してもらえれば、きっとわかってくれると思う。

焦らず行こう。

投稿者プロフィール

MARI
MARI
世界中で移働し、各地で人と人が繋がり生活が豊かになる、そんな生き方や空間を研究・実践します。
Glocal Communication Builder & Facilitator

詳しいプロフィールはこちらです。