劇×ディスカッション=劇論

今日はジムがお休み。

家にあるヨガマットを久々に引っ張り出し筋トレとストレッチを30分くらい。

そのあと外に出て30分ランニング!

今日は曇っていて涼しくて(いや寒いくらい)走るのにはもってこいでした。

ストレッチ→筋トレ→有酸素運動→ストレッチ→プロテイン

今後もこのサイクルで続けたいと思います。

家でやるプログラムもちゃんと作らねば。

さてここから今日の本題。

今日は自分が参加しているオンラインcoworking サロンのオフライン勉強会に行ってまいりました!

劇×ディスカッション=劇論

劇をしながらディスカッションの技術も身につくというもの。

  • 無人島に一つだけ持って行けるとしたら何を持っていくか?
  • 5人集まった。でも潮が満ちてスペースが足りず4人しか島に残れない。
  • それぞれ持っているものをアピールして島に残れるかをかけたサバイバルゲーム。
  • さぁ誰が犠牲になってしまうのか?

演劇は小学校の頃にやった記憶があるようなないような。。。

始めはかなり緊張しました。みんな目が泳いでました。

が、

最後は生き残るために、あれこれ自分をアピールしたり、他人のものと融合させてみたり、はたまた人の持っているものを否定したり。

汗かきました。

フル回転でした。

めっちゃくちゃ面白かったです。

そして、最後には、

ああこういう論破の方法があるんだ、

とか、

ここをもっとアピールしたら生き残れたかもねー、

とか、

いろんな意見が出て、仕事に行かせるよね

という結論。

劇とディスカッションの融合を体感。

充実感とともに今日はぐっすり眠れそうです。

投稿者プロフィール

MARI
MARI
世界中で移働し、各地で人と人が繋がり生活が豊かになる、そんな生き方や空間を研究・実践します。
Glocal Communication Builder & Facilitator

詳しいプロフィールはこちらです。